No nothing yet. どうでもいいことを適当かつ緩めに綴ります。
    --/--/--(--)--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2010/10/11(月)20:42
    元「ダイヤモンズ」、現「R.O.B」で活動中の鴨下信吾









    ムスタングの鼻つまみサウンドとアーミングが斬新。
    この音作りが最近のギターサウンドの特徴なのかな。ストラトセンター使用とか。

    G弦開放からアームダウンなんてCharみたい。
    でもソロでトリルとか多用しない(ほとんどしない?)のが彼流。

    ちょっとまじめに耳コピしてみよう。

    それにしてもマイク位置が高めなのね。
    ギターボーカルだとマイク位置高いとつらい気がしますが。
    スポンサーサイト
    2010/07/26(月)20:25
    行ってきました。猛暑の中、大塚へ。

    NEC_1154.jpg

    ライブハウス「大塚 WELLCOME BACK」
    出演時間は16:10~16:55 40分のステージ。

    NEC_1157.jpg

    予想通り、キャパは大きくなくバンドが終わるごとに客の入替が。
    うまいタイミングでギタリスト立ち位置の目の前、かぶりつきポジションゲット。

    NEC_1162.jpg

    そして鴨下信吾登場、20年の時を越え初対面。
    憧れのギタリストが1メートルほど前に。こんなに近くていいのか。近すぎかも。

    NEC_1163.jpg

    やっぱりセッティング時機材を見てしまう。
    あのときのあのストラト。
    70年後半と思われるラージヘッド・黒ピックガード。
    ラッカーではなくポリ塗装だと思うのだが
    ボディの退色が激しく濃いイエローに。
    弦高は高そう。

    NEC_1168.jpg

    ペダルはRAT、アンプはJAZZ CHORUS JC-120。
    歪は相当低め。
    曲のほぼ全てでピックアップはセンター使用。
    デモCDのを聞く限りではセンターを使ってると思っていたが
    ほぼステージを通してセンターとはびっくり。
    1、2曲でセンター+リアのハーフトーン使用。

    NEC_1174.jpg

    FreedomやGypsy、
    そしてWithout Youに大興奮。
    特に耳コピしまくったwithout youの運指が間近で確認できたのが嬉しい。
    そうとうあやしい客に見えたに違いない。

    最後に挨拶もしちゃた♪
    「20年前にファンでした!」
    なんか過去形になっちゃったよ。

    40分のステージ・ダイヤモンズ曲が少なく
    個人的には寂しかったですが
    行ってよかったです。

    NEC_1167.jpg
    2010/06/11(金)00:00
    最近ネットでダイヤモンズ20周年記念のライブアルバムの存在を知る。
    リアルタイムで聞いていた頃1989年録音のライブ版。さっそく購入。

    NEC_0904.jpg NEC_0906.jpg

    100枚限定で2,500円。某氏さま、お世話になりました。

    イカ天で披露した「HEAT IS ON」をはじめ唯一のオリジナルアルバムから数曲収録。

    1 BIG SHOT
    2 HEAT IS ON
    3 錆びた銃爪
    4 BE MY GIRL
    5 FOOLISH NOISE
    6 嵐
    7 WITHOUT YOU


    NEC_0909.jpg

    サウンドは良好。ライブハウスのPA直の録音だと思いますが
    マスタリングがよい感じで施されているので聞きやすいです。
    特にリズム隊はいい感じで録れています。

    オリジナルアルバムだけではあまり感じられなかった
    鴨下のストラトサウンドが楽しめます。もう少し大きめでも良かったかも。
    彼のストラトサウンド追求はダイヤモンズ以降のソロで顕著になります。

    1.のサビ部分のディレイがアナログチックに劣化していきます。なんか新鮮。
    2.はイカ天より早い早い。リフが追いつかない。ひりぞーん!
    3.4.のバックはオリジナルにかなり忠実。3.のイントロの「ハッ!」の掛け声がないとずっこける。
    5.6.7はサウンドはこちらのほうが良いが出来自体はオリジナルに軍配。
    オリジナルとメドレー曲順が違うのでちゃんとしたエンディングが聞けます。

    基本的に鴨下のボーカルは崩し気味なので
    ノリなのか歌詞忘れなのかが微妙。確実に間違えもありますな。
    ギターボーカルは大変だよね。

    20年ぶりの新譜。じっくり楽しみたいです。

    NEC_0907.jpg

    予断ですが
    彼の歌い方、井上陽水に通じるもがあるとふと、思いました。
    2010/02/16(火)18:30
    ダイヤモンズというバンド。

    イカ天出場者で唯一音楽的に影響を受けたバンドです。
    (3ピース・ストラト・ギターボーカル等)
    鴨下信吾ギターボーカル。



    チャーより暑苦しい感はありますがギターサウンドはCOOLです。

    自身のバンドの方向性を教えてくれた恩人的バンドで
    ギターもよくコピーしました。
    バンドでやりたかったのですが活動末期・オリジナル志向だったので
    実際バンドでは合わせずじまいでした。



    ギターの鴨下信吾の特徴を真似しようとしましたが
    結構大変だった記憶があります。
    ファルセットのシャウトとかセリフ挿入とか(笑)

    メジャーデビュー後、1枚のみアルバムを出して活動停止してしまいました。
    計3枚購入し、現在2枚所有1枚は未開封保存用です。

    0R0011831.jpg

    M5の「Catch the rainbow」はギターサウンド・メロディともに秀逸で
    今でも弾いたり唄ったりしてます。

    何故かまだAmazonで1,000円で購入できます。

    ダイヤモンズダイヤモンズ
    (2008/12/01)
    ダイヤモンズ (鴨下信吾)

    商品詳細を見る



    たぶん貴重な切り抜き。ギターマガジンかなんかの。
    これくらいしか当時情報がありませんでした。

    paper.jpg

    もうあれから20年か。
    プロフィール

    ぽいずんいび

    綴り人:ぽいずんいび

    カレンダー

    01 | 2019/02 | 03
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 - -

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ユーザータグ
     | まだなんもないよ。TOPへ | 
    Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。